上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽しみにしていた、
自分が受けるポテンシャルレッスン日。
自分の勉強のためでもある。

…だというのに、
忘れものに気づき取りに戻って、
先生にメールして大急ぎ。

レッスン場までダッシュ~!!
なんとかレッスン始めの身体の観察に間に合った!

そんな心臓バクバクのスタートでしたが、
仰向けになって観察しているうちに
たちまちポテモードに入る。

自宅でしていると言っても、
先生の言葉かけで、
ただ観察、集中して動いていくのは、
何よりも気持ちが良い。

身体が喜んでるー(^o^)/
心もカイホー!

午後も頑張れるってもんです。

そんな午後は仕事が入っていたので、
ビーガンのオーロラカフェランチをあきらめて
帰宅(;;)

今回のレッスンも
「そうかー!」というワークがあって、
やればやるほど新しい情報が得られるっていうのは本当で
やっぱり楽しいし、

同じワークでも、
毎回感覚が違うわけで。
前回は気づかなかったところまで意識が伸びると、
また発見があって
…あきっぽい私があきないのだ。

今日は2人組になってのワークもあったので、
一緒に組んだ方に、
こんな時はどんな言葉かけをしたらいいのか、
どこに手を添えればいいのか、
指導士の立場で確認しておくことが明確にもなる。

帰りの電車では立っていたので、
電車の揺れを利用して、
ポテ的重心移動で遊びながら帰る。

動くのが当たり前で、
何も考えずに動いているけれど、
調子が悪かったり、
体力が落ちて動けなかったりすると、
普通に動くってすごいことなんだ、
と、思うし、

生活の中で動きを意識すると、
こうすればもっと楽になるのか、
ということに気づくと
身体の使い方って変えられる。

私はキッチンワークでよくそれを実感する。

例えばかがんだ時。
仙骨から背骨を丸めてかがめば楽だし、
起こす時も仙骨からやってみる――というふうに。

普段の生活の中で使ってこそ、だ。


最近、従兄弟が大怪我をする事故があった。
昨日7時間に及ぶ手術が終わり、
すぐにもリハビリが始まるのだそうだ。

リハビリ前にポテンシャルをしてあげられるといいんだけど。
身体が動かしやすくなる。

 これもバランスドッグマッサージと似ているな、と思ったことだ。

 バランス~は「しつけ」ではないけれど、
 バランスのボディワークで犬が落ち着くようになれば、
 飼い主の声が耳に届くよね。

ポテンシャルにはハンドサポートというのもあって、
こちらが手を添えて動かしてあげるワークがある。
この研修も次回受講予定なのだが、
従兄弟のリハビリに役立つようになるかも?!

A級指導士研修の時は、
母に良いと思って受講したが、
今回もなんとしてもしっかり覚えなければ!と、
受講する気合いも違ってくるというもの。

ポテンシャルグループレッスン開催を視野に入れつつ、
まずは自分や家族、身近に必要としてくれる人に喜ばれるとい。
じわりじわりと広げていければいい。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。