上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ更新の間があいたり、
メールのお返事が遅れたりしつつ、ですが(すみません~^^;)
元気です!

--------------------------------

先週末から、ダナの網膜治療として、
鍼以外に漢方も始まりました。
朝晩のごはん30分前にあげるようにとのこと。

これを数週間続けて、
体質に合っているかどうかチェック。

先日のマリチさんACTで,
一番聞いてもらいたかったことが、
鍼治療について、でした。

これからも継続していきたいので、
ダナにとってはどう感じているのか。
大っきらいだったらどーしよー。
もし嫌がっても継続を了解してもらうには?
(そこんところはごほうびなど提案)
お互い妥協点を見つけていけたらなあ。

幸い、足腰の鍼治療では

「確かに楽になった」

と、効果をわかってもらっていてほっと一安心。
ただ、何をされるかわからない――という怖さがあるようで、
考えてあげなくっちゃと思ってます。

で、目の方は自分としてはまだ見えるし
自覚がないようで、治療の必要があるの?と
思っていた様子。

また腰が痛くならないようにするのよーと伝えていただいて
だったら仕方ないか~、と了解してもらった次第です!

あ~よかった~(^^;)
マリチさんありがと!!

ごほうびとしてはジャーキーとか乾きものや、
フレッシュでみずみずしく香りのよいフルーツを希望していた。

こちらも、鍼に行く時はできるだけbossも同行し、
帰りは公園に寄る、ということを提案。
「ゴージャス!」と喜んでくれたそう。

それから、
ダナからのお願いというのがひとつあって、

「私の周りが暗くなるのはいや。
それだけお願いね。」

とのことでした。

物理的?精神的?

マリチさんによると物理的なものではないかということ。

暗くなる状態になるのは、
夜休む時に部屋を真っ暗にすることがまず頭に浮かび、
…それかな?

目の進行はゆっくりで自覚がないといっても、
発症していることは間違いなく、
見えにくいこともあるのかも。
夜は明かりがあったほうが安心するのかもしれません。

我が家はマメ電球がつく電気がないので、
明かりを残せない――

幸い、
「なんか充電できなくなっちゃったねー」
と、放置していたキャンデラが、
(我が家での呼び名はニョロニョロ)
なぜか、いやいや、ダナのために復活して
機能するようになっていたので♪
夜はそれを置くことにしました。

夜、寝場所を移動する時でも、
明かりがあったらちゃんと見えて動けるはず。

 昼間は自分のバッグで寝るのに、
 なぜ夜は入らないのだろう?

そんなこんなで、今後は鍼だけでなく、
漢方治療のご報告をしていきます。
(+自宅では、体質に基づいたごはんのことも見直しています。)

コメント
漢方始めたのですね。。。
我が家も実は、漢方始めました。
まだ1週間ですけど・・・・

ダナちゃんが通ってる病院、私の
友人も行った事があって、診察券
持ってましたよォ。
2009/08/24(Mon) 16:14 | URL | Misha | 【編集
Re: タイトルなし
ラックちゃんも丸薬?
うちはぺっと吐き出すので
飲ませるのにあの手この手だよ~。

病院、お友達もご存じなのね。
ダックスちゃんかな。もう良くなっているのかな。
私が行く時間帯はダックスがほんとに多いよ~。
2009/08/24(Mon) 21:22 | URL | イヌマド | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。