上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらく前に、
かなり腹の立つことがあって(^^;)
自分の気がそれに流れていることはよく承知していたものの、
どうしたらいいのかしばらくほっておいたことがあります。



なので、

思い出してはまた怒りに火をくべて
ますます腹が立つ!!

という繰り返し。


が、ある時、

「もう考えるのやめよう」

ではなく、

すーっと怒りを流すことができた。

あんなにも長く怒りがくすぶっていたのに、
その時はまるで氷が解けるようだった。

その瞬間、自分の心が楽に、平穏になりました。

怒りのほこ先は相手へではなく、
自分の内側を焼いていたわけで。
怒りは身をほろぼす、って言ったっけ。
ほんとだねー。

まさに「癒された」って感じだな、と思った瞬間、
はっとしたのです。

「癒す」「癒される」「癒し」…
これまで、その言葉の意味を、
ヒーリング、とか、リラックス、とか、
いい気持ち~とか、自分を取り戻す…
リフレッシュできる、祈り…とか、
漠然と思っていたけれど、

赦すことができれば、自分は癒される。

「癒し」という言葉は私にとって深い意味を持つ言葉に。

静かだけれど強く強く内側に記憶。細胞レベルで。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。