上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日4回目の鍼治療終了。
毎週末通っていましたが、次回からは2週間後になりました!
ほっほー♪

いつも保定していただくのが女性の方だったのですが、
今回は男性の先生だったせいか~
ダナ怖がって初めてしっぽがおしりの間に入ってた!
「私が保定します!」
と言いたかったくらい(^^;)
 
 保定? 補定? どっち?

ダナのときに一番最初に打つ鍼は、
大椎から始まっている様子。

それから背中のツボ押し、右耳の鍼、
くるくるバスタオルでジャッキアップして両後肢の鍼。

今回は「腎の気」について疑問に思っていたことを質問。

先生がこれまでおっしゃった言葉は、何かの参考になるといいなと
ブログに載せていましたが、
「それはこういうことだったのか」と、あとから気付くこともあり、
その背景が深いので、
安易に載せては誤解を招いてしまうという側面もあり、
今後のやりとり公開は慎みます。

ですが、治療は私にとって「学びの場」でもあります。

今回の気づきは、

「気」について。
遺伝的疾患の発症。
ストレス。

がキーワード。

確かにダナは、
これまで反応しなかったことにも敏感に反応して吠えるようになったり…
「前と変わった~」ということがあるわけです。
それは私たちの仕事の変化、生活環境の変化が大きいのだと思うけれど。
(隣、斜め前のビル建設、正面の道路工事など工事も引きもきらさずある)

ふむふむ、と思って、ちょっとズームアウトしてみたら
自分はドッグマッサージセラピストじゃないかあ、ということを思い出し(^^;)
「理性の器」とストレスの関連を改めて考えることとなりました。

「理性の器」はTタッチで大きくすることができると言われているそうです。

Tタッチはもっと深く学びたいなあ、
T Ttouchのイントロダクションは受けたいなーと思っていたところ、
ちょうどこの夏、現在Tタッチを学んでいる方のモニターとして、
ダナにしてもらうことにもなったので、
中医学とTタッチの関連にも注目です。

私もそれらに「おまかせ~♪」じゃなくて、
何よりもダナが安心して落ち着いてくれることが第一なので、
もっと今の状態を改善できることがあるはず。

てっとり早く言えば、夜は寝ましょう、とか…(^^;)
こういった生活習慣が一番響いているのでしょうね。。。

そんな今の私に参考になる本は、精神的なものではなくビジネス本。
私の妄想(笑)を現実化するヒントがたくさんあるものだなーと
最近手にとるようになったのですが、
これが生活習慣を変えていく大きな車輪になるんですねー。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。