上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週1回目の鍼を打ち、まもなく2回目に行きます。
おかげさまでダナはいたって普通に過ごせています。
ありがとうございます!

油断禁物――ながらも、私自身たっぷり悔やんだ後は、
いい感じになっていくことをイメージして、
部屋にお花を飾ることをしたり(これまで我が家は葉っぱのみ)
おいしいごはんを作ったり、
土の道の散歩に行ったり。
家族全員が心地よくリラックスしたり楽しくなるようなことを
心がけております~。

細い透明な筒状の中に小さい鍼が入っていて、
トントントンと打たれていました。
打ったあとは、筒をはずし、鍼だけが刺さっている状態。

私が経験したのは電気鍼だったのだけど、
一瞬ビビッ!ときた記憶あり。(昔のことなんでーーー)
ダナはどんな感覚なんだろう?

先生がおっしゃるには、
鍼はちくっという感じより、
「じーんと響く」のだそう。

後肢を触って屈伸させながら調子を見つつ
「うん、もう1本」
というふうに何か所か打っていただきました。

背中や前肢、後肢の時はじっとおとなしくしていたダナですが、
右耳に一度打つときには、暴れました。
うん――反対側の耳だったけれど、今年一度手術もしていて
触られるのが嫌になってるんだよね。

打つ場所をじっと見て、
帰宅してからどのあたりのツボだったのか、
経路のテキストで確認してみたり(^^;)。
とはいえ、よくわかんないーー。

 週末試験もあるのにまだ試験範囲のテキストも見直していない状態。
 帰宅して食事が済むと睡魔に負けてしまうんですよね。。。
 食事している最中に眠くなってる始末で。

また鍼治療のことは改めてご報告します。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。