上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青空が気持ちいいねー!

日差し強い…お肌のケアも忘れずに~。
日焼け止めはほぼ1年中やってるけど、
これからは帽子が必需品。
今年はラフィアのワイヤー入りの帽子を注文♪
でも手に入るのはGW明け…って(TT)

それから個人的に年々日差しがまぶしくなってきているので、
サングラスも夏の必須アイテムです。
一応日焼け防止の長い手袋も持っているし、
年齢とともに防御アイテムが増えていくわ~(笑)

お散歩ではちょくちょく路面を手で触って
温度をチェックしてます。
何かあったらすぐタオルで冷やせるように、
お水もたっぷり目に持参。

夏本番になってきたら、
プチアイスノンや冷凍庫で凍らせたタオルも持参になるな。
アツい時間を避けての外出が一番いいですけど、
病院とか朝早く出ても帰りがお昼頃になったりするしね;

実は…もう何年も昔にダナのキャップをオーダーしたんだけど
大きすぎた。
あれは今どこにいっちゃったんでしょうね?

ところで、

ダナの皺壁性皮膚炎ですが、
だいぶ良くなってきています♪

週末一緒に過ごしていたのと、
本日も在宅ワークでトイレ後を見てあげられるので、
トイレ後は常にパウダーしてサラサラの状態になっているから、
本人も気にならないようで、一度もガジガジしないんです。

ああ~~~これにもっと早く気づけば!

そういえば以前足の指の間に炎症ができたときも、
クリームだと余計べとべとしちゃうから、
パックして乾かしたほうがよい、と聞き、
パック用にとモンモリオナイトとか用意していたんですよね。
塗らずに乾かすというのもあり。

パウダーも、最初は手持ちのベビーパウダーを使ってみましたが、
香りが気になっていたところ、
サベラから別のパウダーとコットンパフの作り方を教えてもらって、
今それでケアしています。

まず最初の目標だったのが、

「カユカユイタイタのストレスを軽減してあげたい」

は、できてきたかな?と思います。

今回初めてパウダーについていろいろ調べることになって、
パウダーの材料として使うには、避けたい材料があったり、
手作りでいろいろできるんだなーと調査中。

実はもう、ダナが気にしなくなった、という時点で、

「なんとかしてあげなくては~」

と、眉間に皺が寄っていた状態だったわたくしも
頭がほぐれてきたんですよね。
一息…って感じ。

すぐ完治じゃなくても、まずストレス軽減できたんだ、と、
ずいぶん気持ちが楽になるものだなあと実感です。

病気だったり怪我だったり、
自分のうちの子に心を痛めている飼い主さんはたくさんいらっしゃると思うけれど、
ほんとに目の前のことひとつでも、何かできることがあって、よくなっていけば
少しでも気持ちが軽くなっていくものなのかもしれない…と思いました。

ダナの場合のガジガジは、
「もしかしたら気を向けてもらいたいっていうのがあるかも」
なこともあったので、
一緒にいる時間を長くしたり、
早く治るといいねーと声をかけたりしているのも
関係しているかもしれません。

良くなっていく要因て、ひとつじゃなくて、
飼い主の気持ちも影響があるはず、と考えています。


さて他には。

こんな状態のときのシャンプーも、
介護セミナーのときに教えてもらったものがあったことを思い出したので、
それを購入。

さらに平行して、炎症部分の治癒と肌の色素沈着の改善を助ける。

ガジガジしなければ自然と治るものかもしれないけれど、
今回はハーブチンキで治癒力サポートしてみようと思ってます。

以前脇の下の肌の色素沈着の改善には、ドライハーブで効果がありましたが、
(脇の下の色素沈着、今思えばリンパケアもよかっただろうなーと思う。)
今回は炎症もあるので、吸収しやすいチンキの方を試します。

♪愛犬といっしょに フードセラピー&ハーバルセラピー♪の
Mishaさん
からのアドバイスをいただいて、
まず炎症を落ちつけてから、ら免疫力アップのチンキ、
というふうに二段階でやってみます。

何を使ったらいいのかをセレクトできました(^^)v

さらに、今後の予防のこと。
皺を作らないようウェイトコントロール。ごはんのこと。

5.4kg ⇒ 5.0kg が、まず当面の目標。
ダナは穀類で太ってしまう傾向なので、
夜はお肉、お魚メインだけれど、朝のごはんをどんなふうにしたら?
体質や陰陽を考えての薬膳ごはんを、
ネットショップ準備中のアイシャマンマに相談中。

日々のケアにはたっぷり睡眠、適度な運動、リンパケアとツボ~!

ああ、これ自分もそうだね(^^)
ダナの炎症改善、私の生活改善にもなるでしょうか?

現在お試し中なので、また詳細を報告していこうと思います。


以前は何でも自分であれこれできてしまえるようになるといいな、
と、思っていました。

けれど実際学ぶとなったら、ひとつひとつがとても深くて、
私の時間でとてもできるものではないし、費用もかかる。
今は当時よりずっとスペシャリストさんが身近になって、
相談しやすくなっています。

ただ、自分で全体的に広く浅くでも知っていると、
西洋医学でも中医学でもなんでも、
これができなくてもあれがある、という選択肢を持つことができるのが
良いかもしれません。

もしかすると逆にたくさん情報を持ちすぎて
「何をしたらいいの?!」
と、わからなくなってしまうこともあるかも。
飼い主さんが混乱すると、
その子も落ち着かないんじゃないかと思います。

そんなときは、やっぱり相談したり、
その子をよく観察して気持ちを推し量ってみて、
何を一番してあげたらいいのか、
そぎおとしてシンプルに考えることがいいのかなあ。

とりあえずガジガジ対策はできたから、
今の炎症は梅雨前に治るといいな~なゆるい感じで思っています。
肌のサイクルも考えると大体それくらいでいけそうな気がする~。

また経過報告していきます。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。