上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜『プロフェッショナル』を見ていて、
自分の脳を育てる、というところで
「えええー!」と思ったこと。

 後悔することは脳を育てることである。
 後悔はしたほうがいい!

だそうだ。

おおお~。

…後悔しないように、って思いがちだ。
失敗や凹んだりしたことは
できるだけくよくよしたくないと思っているけれど。

かいつまんで言うと、

「反省」は、起こったことだけを考えること。
「後悔」は、そのことに浸りきってしまうのではなく、
肝心なのは、そこから、
ああすればよかった、こうしたらどうだったろう、と、
いろいろ考え、想像する。
それも具体的に。
そうすると、脳が活性化するのだそうだ。

AとBと言う選択肢がある。

Aを選んで失敗した!と思う。

でも、Aを選んだのは自分の価値観でもある。
それを反省⇒後悔は、
自分の価値観を振り返ることになる。

今度はちょっとこうしてみようか、と思えれば、
こうでなければいけない、これが正しい、という
自分の思い込みもすこーし変えられることになる。
意識が変われば行動も変わる。

「!」ときたのはここだった。
最近、自分のパターンを変えなきゃ
いつまで経っても同じだな、と思っていたし、
カードリーディングでも、
「パターンを変えてみて」という言葉を使うことがあるけれど、
実際どうしたら変えられるのか、っていうヒントはこれかな。

変えたい変えたいと思っていても
なかなか実践までいかないのは、
これまでの行動を振りかえって考える
「後悔」の段階を飛ばしていたからかも。
他の方法を考えたり、
具体的なイメージを思い描くことが
もっと必要だったんだなー。

番組では、将棋の対局後に棋士たちがする感想戦を例に。
自分の打った手の何がどうなったのかをすぐに振りかえる。
負けていたら…イタイだろうなあ。
でもその痛みが強いほど、脳に強く刻みこまれるし、
次へのステップともなる。

「忘れようー」じゃなくて、
できるだけイタイうちにいろいろ考えるほうがいいんだ。
ほほ。「後悔」は、自分を成長させることなのねん♪

んでもねー、
そんなにしょっちゅう後悔するようなことしたくないケド^^;

「反省しなさい!」「反省した」という言葉は使う。
「後悔しなさい」「後悔した」とはあまり言わないかな?
そう思ってもあまり口には出したくない、
ネガティブな言葉だと思っていた。

が、ネガティブからポジティブな意味に
一気に変わった。おもしろかったー。

後悔は、過去のために自己憐憫のためにするのではなく、
未来の自分のためにするのだそうだ v(^^)v♪
コメント
そうそう
私もへぇ~~、って思った。
・・・そこはみてた・・・
あとは・・・ ねてた・・・
再放送見ないとv-219
2009/04/02(Thu) 01:22 | URL | なっち | 【編集
Re: そうそう
ふふ。見てると思ってたi-239
その前もね、v-286をほめるときも
これ大事だなあって思うのがあったよ!
2009/04/02(Thu) 19:58 | URL | イヌマド | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。