上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は一日雨。梅雨に入ったものね。

2日連チャンで終日外出だったので、
今日はダナと一緒にいましょうね〜と
朝、ダナの手足とお尻まわりだけシャワーしました。
指の間もしっかり乾かさないとねーと
足をひっくり返して触ると、左の後ろ足を引っ込めるんです。

何かあるに違いない!!

しっかと押さえて触ってみると、一番大きい肉球の端が硬い。
鉛筆の芯のように硬いものがぐっさりささっているではありませんか!

これは何〜?!

ここ数日、後ろ足をびしゃびしゃになるほど舐めていたっけ。
痛がる素振りはなかったけれど、
何か気になっていたのはこれか。
そうとわかれば即刻病院へ!

ホリスティックではなく、
かかりつけ病院の午後診療一番乗りを目ざして雨の中を出発。
電車で二駅目。歩いて15分弱。
いつも午前中は2時間待ちなんてザラなんです。。。
でも今日はこの雨だからきっとすいているに違いない。

…と思ったら、ほんとに帰るまで誰も来ませんでした。
ラッキー♪

で、先生に診てもらうと

「何かささってるんですって?
 …あれぇ…これはもしかすると…
 ささっているんじゃなくて…
 角化してるのかな」

なんと物がささっていたのではなく、ダナの肉球が硬化して、
角のようなカタチに角化しているということ!
ヒトで言えばウオの目みたいなものなんだそうです!
足だけにできるものとは限らないんだそうで、
見せてもらった皮膚のアトラス本の写真では、
猫の耳にぴろーんと角が飛び出していました。

初めて聞いたよ〜。

先生がピンセットで引っ張ってみると、肉球が伸びてます。
ほんとだ、肉球の一部なんだわ。
ピッと小さいゴマみたいなものが取れました。
手で触れた時はすごく大きいものに感じたのだけどそんなもの?!
顕微鏡で確認してもらうとやはり角化していた部分とのこと。

できる原因はよくわからないらしい。
体重がかかるところにできたのかもしれないし、
何か小さなキズが治ったあと硬化していったのかもしれないし。

けれど、少し前に書いたように、
ダナの肉球に硬いところがあるなと思っていたんです。
今回気づいてみると、その硬い部分はなくなっていました。
もしかしたらそれらはなくなったのではなく、
ぎゅうっと集まって角のようになっちゃったのかな。

ともかく
「地面に当たれば痛かったと思いますよー」
ってことで、保護するクリームを塗ってもらい、
少し分けていただいて無事処置終了。

もしかしたら肉球を切るようなことになるのかしらっ!!
と思っていたのですが、拍子抜けのように再診料金だけで終わりました。

歩く時は普通にすたすたと歩いており、
歩様からは気づかなかったんですよねー。
でもbossに飛びつく時、
たまに「キャン!」と悲鳴をあげることがあって、
それは気になっていたんだけど、角化部分から着地して痛かったのかも。
そうだとすると今後はどうか?経過観察。
体重も4.7から増やしちゃったので、あと少し落とすことを目標に!
なるべく足腰に負担をかけないように。

けど、
「7kg近かったところから、よく成功しましたねー」
と言っていただきました。嬉しい(笑)

よく舐めてるなーと思ってチェックはしていたけれど、
ここ数日朝早くからバタバタしていて、
帰宅すると疲れて寝ちゃっていて
足の裏をひっくり返して念入りに一つひとつの肉球までは見ていませんでした。
かわいそうでした。反省です。

今日は「休息」のカードが出ていたんだけど、
だからこそ見つけられたと思うことにしました(笑)
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。