上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のしつけイベント、お天気が良く気温も上がって
木陰がある公園で良かった〜〜。

もっとも桜の木なので、花のカスがどのわんちゃんにもくっついて
ブラッシングが大変だったかもしれません。

7組のわんちゃん、飼い主さんたちが参加され、
まずは基本のおすわりから和やかに始まりました。

後半はゲームもあり、1位の飼い主さんには賞品あり、
参加者全員に参加賞ありで楽しく無事終了。
こういう場って、自分ちの犬の新たな面を発見できそう〜。

それにしても。

この地域の公園は犬を入れても良いのですね。
うちの区の公園、犬はNGなんです。
うらやましいなあ。

でもせっかく犬OKの公園なのに、
やはりノーリードで遊ばせている人も結構いて、
イベント中、こちらに走ってきちゃうわんちゃんも
1匹2匹ではなかったんです。

広いし、地面は土だし、
放したくなる気持ちもわかるんだけど、
呼び戻しがきく犬ばかりとは限らないし、
公園に来る人も犬が好きな人ばかりとは限らない。
子どもに飛びついちゃう犬もいるかも。
犬にルールを教える前に、
飼い主側がルールを守ろう〜と思ったのでした。

イベント、私もとってもおもしろくて
「こんな方法もあるんだなあ」と、参考になりました。
早速散歩の時に使ってみたものがあります。

散歩コースのひとつに、
うちの犬にとってたまらなく魅力的らしいマンホールがあり、
いつもその上でごろごろしたがるのを阻止しているのです。
その道を通る時、足でマンホールの穴を塞いだり、
道の端っこを通ったりしていたのですが・・・
イベント翌日の散歩で、うっかりその上を通っちゃって、
犬が「ふんふんっ」と寝技になろうとした時、

「ダメ!」じゃなく、

「あれっ?!」

って言ってみたのです。
そしたらあわてて体勢を立て直して
さささっとその場を離れたんですよ〜(^ ^)
すかさずほめました。

やめてほしいことは「NO!」「いけない!」「ダメッ!」
だけじゃないんですね。
しっかりそれらの言葉で教えることも必要だろうし、
「えっ?!」とか「あれっ?!」とかでいい場合もあるのだったら
犬も叱られる手前でやめることができていいんじゃないかなあ。

こんなふうに、「うちの場合はこれでもできるんだな」というのを
発見できると楽しいなって思います。

ルールの教え方ってそれぞれの家庭の数だけあると聞いたことがあります。
言葉だって「おすわり」だったり「座れ」だったり。違うものね。
犬によりけり。飼い主によりけりということなんでしょうか。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。