上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、犬と一緒に暮らしていくための基本的な知識としつけ相談。

基本的な知識、というのは、
まず犬ってどんな動物なのか?
犬の本能にはどんなものがあるのか?

わかっているようで知らなかったり、確認できたり、
それにはどうすればいいの?まで、
清國トレーナーの具体的な例でわかりやすく、
とっても有意義な講座でした!

「しつけって、犬の嫌がることをするからかわいそう」

というふうに考えられる声もあるそうです。
けれど人間と一緒に暮らしていくための
ルールを教えてあげるのがしつけと考えれば、
その子の命を守ることにもなる。
ルールを知らないと、本能で生きていく。
それが人間にとって「問題行動」となってしまうことがある。

どんな本能があるのか知っていると、
それを生かした遊びもできます。

それから、ルールを教えていくほうが、
犬をたくさんほめてあげることになるんだそう。
確かに!

私は今回、「信頼してもらえるさわり方」のお話を少し。
まずさわる前にひと声かけていただくことも。
すると、

「あっ、そういえば、だっこする前に声をかけると、
 犬がおすわりして待っています!」

という参加者の方の気づきがあって、

「わかるんですねー」

と、納得されていました。

その後、参加者の方のお困り相談を受けましたが、
最初に犬の本能、行動のお話があったので、
「なぜそうなるのか?」ということがわかりやすかったようです。

私も、そんな時の犬の気持ちと体のことをちょこっとアドバイスさせていたあきました。


うちはしつけの先生にお願いしたことも、
しつけ教室に行ったこともないんです。

清國トレーナーは、
「おすわりが、どんな状況の時でもできるようになれば
 それだけでもいいんですよ!」
とおっしゃって、
それを聞いて気持ちも軽くなりました♪

そうは言っても
「今なんでそうしなきゃならないの?」
てな顔で考えてることもあるから、
指示を出す私自身のトレーニングが必要なのかな(笑)

6歳になって、以前のようにはひとりで遊ばなくなった代わりに、
一緒に新しいことができるといいなと思っていたので、

・どこでもおすわりができるトレーニング

・クレートに入っていられるトレーニング
(車の中で入っていられるように)

この2つをばっちりできるようにしていきたいな。
うちの子の性格に合ったやり方を考えてやっていくのが
楽しいんじゃないかなあ。

そのためにも、一度きちんとプロの清國さんに見ていただいて、
アドバイスを受け、工夫してやっていきたいなーと思いました。

で、思ったのは・・・

この講座、今回一度きりではもったいない!!
もっとこのお話を知ってもらえるといいなあ。

イヌマドルーム(どこだ?)でプチセミしていただけないか?
お願いしてみますっ!(^ ^)
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。