上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
sabera

週末、次回のハンドトリートメントクラスの打ち合わせで、
サベラがオフィスに来てくれました。
写真は居合わせたbossが「肩が痛いんだー」
というので見てくれているところ。
悪いことをして、後ろ手にされているわけではございません。

サベラの手のあたたかさと、
一発で「ここね」というタッチに驚いていました。
その後私がもみほぐしたら「全然違うっ!(怒)」と言われたけど
そりゃあたりまえー。

私もちょっとサベラに肩を触ってもらいました。
むむっ。凝り方はbossの比ではないそうです。
でも自覚がないのはかなりの慢性化ってことかーーー。

これから告知ですが、ハンドのクラス2期は5月からになります。
小人数制で参加枠2名とさせていただきます。
よろしくお願いします。

スポンサーサイト
今回は、犬と一緒に暮らしていくための基本的な知識としつけ相談。

基本的な知識、というのは、
まず犬ってどんな動物なのか?
犬の本能にはどんなものがあるのか?

わかっているようで知らなかったり、確認できたり、
それにはどうすればいいの?まで、
清國トレーナーの具体的な例でわかりやすく、
とっても有意義な講座でした!

「しつけって、犬の嫌がることをするからかわいそう」

というふうに考えられる声もあるそうです。
けれど人間と一緒に暮らしていくための
ルールを教えてあげるのがしつけと考えれば、
その子の命を守ることにもなる。
ルールを知らないと、本能で生きていく。
それが人間にとって「問題行動」となってしまうことがある。

どんな本能があるのか知っていると、
それを生かした遊びもできます。

それから、ルールを教えていくほうが、
犬をたくさんほめてあげることになるんだそう。
確かに!

私は今回、「信頼してもらえるさわり方」のお話を少し。
まずさわる前にひと声かけていただくことも。
すると、

「あっ、そういえば、だっこする前に声をかけると、
 犬がおすわりして待っています!」

という参加者の方の気づきがあって、

「わかるんですねー」

と、納得されていました。

その後、参加者の方のお困り相談を受けましたが、
最初に犬の本能、行動のお話があったので、
「なぜそうなるのか?」ということがわかりやすかったようです。

私も、そんな時の犬の気持ちと体のことをちょこっとアドバイスさせていたあきました。


うちはしつけの先生にお願いしたことも、
しつけ教室に行ったこともないんです。

清國トレーナーは、
「おすわりが、どんな状況の時でもできるようになれば
 それだけでもいいんですよ!」
とおっしゃって、
それを聞いて気持ちも軽くなりました♪

そうは言っても
「今なんでそうしなきゃならないの?」
てな顔で考えてることもあるから、
指示を出す私自身のトレーニングが必要なのかな(笑)

6歳になって、以前のようにはひとりで遊ばなくなった代わりに、
一緒に新しいことができるといいなと思っていたので、

・どこでもおすわりができるトレーニング

・クレートに入っていられるトレーニング
(車の中で入っていられるように)

この2つをばっちりできるようにしていきたいな。
うちの子の性格に合ったやり方を考えてやっていくのが
楽しいんじゃないかなあ。

そのためにも、一度きちんとプロの清國さんに見ていただいて、
アドバイスを受け、工夫してやっていきたいなーと思いました。

で、思ったのは・・・

この講座、今回一度きりではもったいない!!
もっとこのお話を知ってもらえるといいなあ。

イヌマドルーム(どこだ?)でプチセミしていただけないか?
お願いしてみますっ!(^ ^)
ルミエール府中の行き帰りに見事な桜を見ることができました!
素晴しかったー!

ご報告、お知らせあれこれ。また改めて書いていきます。

・3月29日 『犬との生活で悩まないための基礎知識としつけ相談』 終了しました!
・4月12日 『犬と楽しくゲームでしつけトレーニング』府中公園にて
       清國 千景トレーナー 
       ●お申し込み 080-5015-0711(清國)
       ●詳細 >> 清國トレーナーのHP
        『エコール・ドルチェ』http://www.ecoledolce.com/

・4月12日  ぱれっとセミナー『愛犬ともっと笑顔になる暮らし』
       なかしま なおみ
       東急東横線 日吉駅近くわんこ同伴可のパスタハウス ロージスにて 
       ●詳細 >> http://paleta.blog60.fc2.com/
       

--------------------------------
・トリマーさんでドッグマッサージセラピストの先輩でもある速水さんのサロンで
 ダナは初夏に向けてのかろやかトリミングしてもらいました!
先日、実家に3泊ほどしてきました。
実家は私の道場みたい、と書きましたが、
今回はもうとっても平穏に過ごせました(笑)。

必ず1回や2回、「も===っ!!」と、
母とケンカになっちゃうことがあるのですけどね。
なぜか今回はそんな気配を感じつつ回避できたのです。
やれやれ。

そしたらとっても楽に過ごせました。
ケンカに使うエネルギーって大きいからね。
それを使わずいられたわけです。

母に変わってもらうんじゃなく、
自分が変わるほうが早いと思っていても
なかなかうまくいかず、
ケンカしては自己嫌悪になるという
繰り返しでした。

でも変化の兆しって、私がシニア犬介護のことを
始めてからなのです。

犬より人間の方の介護をすれば〜?
おばさん(母)のところにもっと帰ってくれば?
などと、よく母を訪ねてくれる、
看護士と訪問介護ヘルパーをしている従姉妹から
呆れられちゃっているかも〜と思いつつ、
シニア犬のことから、だんだん母のことを
考えられるようになってきたんです。
父が亡くなった哀しさや寂しさ、
自分の体の不安。

私もどこかで、母はまだ若く、元気と思いたい気持ちと
現実とが噛み合わないいら立ちを持っていたかも。

そして

「何でそんなに悲観的になっちゃうわけ?もっとこうすれば?」と、
自分が良いと思う方に来てもらいたい、という気持ちも。

相手に元気になってもらいたい、と思っても、
私の一方通行だったんだと思います。
昨年の母の看護に帰った数日間でそれはわかりました。

「何度言ってもわかってもらえないな」
というのも、母の心に届かないやり方だったんだと。
「どんな方法だったらわかりやすいかな」
と、ようやく気づいたんです。

「またそんなことを…!」
って言いそうになったら、
ぱっと今まで立っていた場所を変えてみると、
「この言い方だったらそうきちゃうかもねー」
って思えると自分クールダウン。
『瞬間移動』を体得しつつあります(笑)。

これも犬が窓口ってことなのかな。
犬も先生。母も先生です。
エコールドルチェ

明日29日(土)、府中で開催されるトレーナー清國さんのセミナーです。

今回私は、ふむふむとお話を聞きつつ、ちょこっとお話もさせていただきます。
まだまだドッグマッサージセラピストって何?、マッサージするだけの人?って
状態ですから、少しづつでも知っていただけるように頑張りますよー。

参加者の方のわんちゃんの困ったこと。
どうしてそうなるのか?
原因はどんなことが考えられるだろう。
どんなことをしてみたらいいだろう。
そしたらわんちゃんはどんな行動をするだろう。

飼い主さん、トレーナーさん、ドッグマッサージセラピストの視点で見ると、
気づかなかった犬の気持ちが見えてくるかもしれません。
飼い主さんが
「あ、そうだったのか。そうなのかも」と、
ご自分の行動を変えればOKのこともあるかもしれません。

普段こんなふうに3者が揃ってお話する機会もないので、
私自身、どんなご相談が出てくるかなあとわくわくしています!
しつけに関してはトレーナーさんにお任せですが、
バランス・ドッグマッサージだったらこんなことが考えられる、とか、
やってみては〜ということをお伝えします。

いろんな意見を聞かせていただけそうです。
私も一緒に相談させていただこうっと。

まだお席はゆるゆるあるとのことなので、
すごーく困っていることでなくても、
お気軽にいらしてくださいね。
「こんなことでもいいのかしら?」
なんて思っている方はチャンスですよ〜!

 ●お申し込み 080-5015-0711(清國)
 ●詳細 >> 清國トレーナーのHP
  『エコール・ドルチェ』http://www.ecoledolce.com/

お申し込みお待ちしております。
ルミエール府中でお会いしましょう!
本日多頭飼いをされているお宅へ伺い…3わんマッサージ。
5わんちゃんいるのですけど、寄ってきてくれた子のみ。

最後の子は、
それまで他の子がマッサージを受けているのを
じーーーーーっと、目をほそーーーくして見ていたのです。
最初はほとんど近づいて来なかった。

マッサージしていた子が離れたので、
私が正座して、上半身を前に倒して頬づえをつくポーズをしてみました。

小さくなったぞ。どだ。

そうしたらそっと寄ってきて、
お尻の匂いをかがれました。
それから顔の方に来て、くんくん。

私がゆっくり体を起こすと、
座っている足の上に前足をのせて顔を出してきたので、
ほっぺにそーっとタッチしてから、くりくりマッサージ。
なんとまあ、
ぐりぐり手に顔をうずめてきて目をほそーくして気持ちよさそう。

「あ、様子を見ていたんだ。
 受入れてもらえたー。ありがとうねー」

と、嬉しくなりました!

その子はまた、そーっとそーっと顔を近付けてきて、
私の顔をペロペロっとなめてくれたんですが、
触れそうでなかなか触れなかったんですよねー。
男の子なんだけど、

「ええい、キスはじらさないで!」

みたいな?(殴)

まあそんなこんなで、

5/101 → 8/101 と、なりました。

来週は番外編スズメちゃん。
させてもらえるかしらん?

そしてゴールデン&できればEセッターちゃん。
パグちゃんにもできるかもー!です。
2月から始まった講座。
残すところあと1回です。

他の方の報告や感想が、ものすごく勉強になる!
自分とは違った視点でおもしろい!
みんなで共有する大切さ。

回を重ねるごとに、ますます楽しく(覚えることも多く…;)、
マッサージが好きになっていきます。
とはいえ、自分自身はもっと自然に手が動くようになりたいなあ。

今日もモデルわんちゃんでいろいろ実習。
テキストを読むのと実際にするのでは大違い。
あら〜うまくできない。
あ、ここをこうすることがコツなのですね〜と。
毎回モデルとして協力してくれる先生宅の2わんちゃん。
ほんとにありがとう!
そしてふらりとやってきてくれる猫ちゃんにも癒されています(^^)

そしてそして、期限もひそやかに迫る、
提出しなくてはならないマッサージの課題!
自分の都合でてんこもりになってしまいました。

他の受講生の皆さんはきちっ★とされているので、
私も巻きを入れなくてはなりません〜!!

マッサージの日時に関してのメールをさせていただくみなさま。
どうぞよろしくお願いします〜!
101AC(アニマルコミュニケーション)されているアイシャママが
現在ダントツ1位で10匹のわんちゃんとのセッションを終え、
予約も20わんちゃん入っているそうです!

という私もお願いしているし、
アイシャママのアイシャちゃんにも
マッサージさせていただくことになってます。
4月からバッチ101をスタートするひよこ草さんも
マッサージ、AC、QT(クォンタム)と全エントリー。

ふむふむ。

何かひとつやってみて?なことが、
他のセッションから原因がわかるきっかけがつかめたり…
つながりがわかったりということがあるかもしれないなあ。

なんて思いました。

そんなふうに101を全部体験してみていただいてもいいのかもしれないです。

いつかこんなふうに様々な面からその子全体をみていく、という
ホリスティックチームが(獣医師や動物行動学など専門家を含んで)できて、
人や動物の医療やケアを行なうことが当たり前のようになるかもしれませんね!
本日帰京。
実家の方、さすがまだ朝晩の冷え込み方は東京と違う~。

ダナは久しぶりに庭に放牧され、草を探し、家庭菜園を荒らしていましたね。

佐々木先生のサイトがエラーになっていたそうで、
申し訳ありませんでした!
私の表記ミスです。正しくはこちらになります。

●佐々木文彦先生サイト
http://www.sakai.zaq.ne.jp/e_bow/fumi/
本日これより24日まで更新お休みします。

PC環境から離れて数日過ごしますので(^^)
コメント、メールのお返事は25日からとさせていただきます。

みなさまもどうぞ楽しい週末を!

桜、開花宣言したね~。
ようやく『続 ぼくとチョビの体のちがい』が手に入りました!
前作『ぼくとチョビの体のちがい』は、
(勝手に)イヌマド推薦図書!とさせていただいております。

発売日になっても書店になく(取り寄せをお願いしておけばよかった〜)
amazonから購入しようとしていたのですが、
あらら?いつの間にか「3〜5週間待ち」になってる!

が、予定より早く入荷したようで。

すでに入手されたひよこ草さんから
ほくほくっとご報告がありましたが、
私もこの週末、じっくり楽しもうと思います!

そもそも「ぼくチョビ」は、犬のからだについて、
わかりやすいものはないかなあと探していたものなんです。
犬の解剖学の専門的な勉強もしていないし、
知識を持っていない私には、
獣医学の専門書は難しすぎるのです。
そんな時、ふと目に止まったのが前作の「ぼくチョビ」。

これは!!とピンときた通り、
佐々木先生の真面目にユーモラスな文章とイラストに乗って
くすっと笑いながらなんとなく頭に残ってる、
という、私のツボにはまった一冊となりました!

まだじっくり続編を見ていないけれど、
表紙はエッセイ本のようなほんのりおしゃれテイストで、
とてもこの中に、
「人間と犬の泌尿器」や「アントニト猪木の延髄斬り」
のイラストや文章が書かれているとは想像つかないかも!

犬のからだのしくみとか知りたい、
人とどう違うの?と、思っている方には、
一度手にとってみてくださいな、とお薦めしています。

「ぼくチョビ」を紹介させていただいてから、
「あの本買いましたよー」というセラピスト仲間がいて、
嬉しいかぎり♪
目からウロコの佐々木先生ワールドへぜひ!
まだご存じない方は前作からもよろしいかと思います~。

続ぼくチョビ

●著者の佐々木先生のサイトです。
リンク集に光栄にもダナぴいを描いてくださってます★
佐々木先生のサイト >> 「愛犬と楽しく生活するための人と犬の体のちがい 」

学窓社サイト

-------------------------

もう1冊、オススメ本あり。
最近購入したばかり。

●『シニアドッグ』老犬と暮らす飼育ガイド
 著/ハイケ・シュミット- レーガー スザンヌ・ブランク
 監訳/林 良博
 発行/ペットライフ社 発売/緑書房
 3,400円

お値段も「お」と思うので、一度書店でご確認してからが良いと思います。
が、私の場合は中身を見て即決しました。

老化とは~?から日常生活のケア、栄養、病気、お別れ~まで
一通りあり、豊富な写真を見ているだけでも楽しい。
老犬飼育、介護の本全部に目を通していないのでわかりませんが、
この本は「老犬を迎え入れる」項目があります。
子犬や成犬を我が家へ迎え入れるのではなく、あえて老犬を選ぶ。
第1段階として動物愛護センターへの訪問としてあります。

昨年、センターを訪問した際、収容される理由として
「犬が病気になったから」
という項目があったのにショックを受けました。

その時の体験と、介護の勉強の中での
「病気にさせない、ならない体づくり」ということが
私の中で結びついています。
センターには様々なボランティアの方が入られて
なんとか一匹でも多く幸せになってほしいと活動されています。

たくさんの収容されている犬たちに会い、
中でも一匹の子の瞳をいつも思いだす。
その子は病気ではなかったけれどシニアでした。
飼い主さんも高齢で亡くなられて、親戚からセンターへ来た子でした。
「お散歩連れてってー!」とねだっている子もいたけれど、
その子はひっそりとじーっと私たちの動きを目で追っていて、
とても感じるものがありました。
幸いボランティアさんが保護してくれる予定になっているということでした。
もう一度、新しい生活を始めているその子に会いたいな。

私のお友達やセラピスト仲間でも
保護犬と一緒に暮らしている人がいますし、
サイトやブログで里親探しをされている方、
病気の子への供血を呼び掛けている方、
みんなそれぞれ自分にできる活動をされています。
今これを読んでくださっている方の中にもいらっしゃるでしょう。

私自身はセンターから犬を引き取ることは今できないけれど、
「健康シニアに向かっていこう!」というささやかな啓蒙活動を
広げていくことも一つ、と信じてやっています。

そんなことを確認させてくれた本だったのです。
昨年のこと。

介護セミナー受講後、クォンタムタッチや
介護する側のハーブやアロマの使用や、
解剖学講座…

興味ある講座連続受講で忙しかったけれど、
全てにつながりがあってとてもおもしろかったし、
今後の活動に有意義に使えるな、とやる気満々でした。

そんな折り、実家の母がしばらく寝込むことになって
帰省して看病することにしました。

クォンタムはリウマチの母に効果がありそう、
気分が落ち込んでいるだろうからアロマも買って、
ハーブティーも飲んでもらいたいな、
マッサージも…などなど、
学んだケアを実際にあれこれやってみたくて
いろいろ準備もし、鼻息荒く帰りました。

クォンタムは施術後すぐにお腹の調子が良くなったし
アロマも喜んでもらえたけれど、
ハーブティーは以前「欲しい」というので送ったものがそのまま。
解毒にいいよ、と言っても
「今薬を飲んでいるからやめておく」
とか。

こちらはてんこもりでやってあげたい気持ちがあっても
どうも母の気分が優れなかったり。

勢い込んで行ったものの、ほとんど何もできず…でしたが、
ガックリしつつ帰る頃になってようやく気づいたのです。

私は「やってあげたい!!」という自分の気持ちだけしか
見ていなかったな!

「これするといいみたいだよ。(だからやってみたら。やりなよ!)」

と、母の気持ちを考えず一方的に押し付けていただけだって。

病気になっていて気弱にもなるし、気分が良い時もあるし、と
結構感情の浮き沈みが激しく、それに応じるのにも疲れ
「さっきはこうだったのに、なんでまた急に変わるかなー」
と、自分の思い通りにいかないことに腹立たしく思ったり。
親子だから余計に感情が出てしまうこともあります。

「やってあげる」は大きな間違い。

母が遠慮なく、自分の気持ちを出せるようにコミュニケーションをとり、
そこからどうしたいのか、何ができるのか
必要なことを考えていけば良かった。
まず、相手の気持ちを聞くことだった。

「母のことがなくて、このまま介護サポートに入っていたら
 あれもこれもやってあげたい!になっていたかもしれない。
 引き出しはたくさんあるのに越したことはないけれど、
 相手の方には、今必要としていることにポイントをしぼって
 お伝えしたり(でないと情報だけあっても混乱)、
 ケアしたりしなくちゃいけないんだ。

 まず、相手の方がいてこそ!」

実家の母でそれに気づいたということに感謝しました〜。

「あ、私が今回帰ることになったのは、この学びのためだ。
 母はそれを身をもって教えてくれるために
 自分の体を子に使ってくれたんだなあ」

ってわかったからです。

それから介護ケアの依頼をいただくようになり、
本当に先に気づいて良かったと!

お話を伺っていると、だったらこれもあれもかな、
つながりを考えるとあっちもしたほうがいいのかも〜、
これもお話しようか!と、なっちゃったりするのだけど、
その時お伝えするのはその時飼い主さんが必要なこと。
納得されたり、続けられたりすることにしようと思っています。


実家の母とはまだ私が家にいる時から、
ものすごい強い愛情を注がれているとわかっているんですが、
逆にそれが過干渉に感じて苦しかったり、
結構すぐ感情的になってケンカしたりしていたり、
実家に帰ると妹も私も必ず頭痛がしていました。

母とうまくいかない。
近い将来は同居になると思うけど、
この関係では毎日ケンカになりそ〜。

けど今は以前よりいろいろな見方ができるようになったし、
私自身が母の気を入り込ませなくなったようで、
「ここって私の『道場』みたいなものなんだわ〜」
という目で見るようになりました(笑)。

また勉強させていただきます、な気持ちでいたほうが
ケンカにならず平穏に滞在できます(笑)

今度帰省する時はどんな学びが待っているのやら〜〜〜(^^;
『プロフェッショナル 仕事の流儀』をよく見ています。

毎回心にプロフェッショナルの方たちの心に響く言葉があります。
難しい言葉ではなく、非常にシンプル。
でもその人自身から出る言葉だからぐっと胸にきます。
勇気ももらう。

今日は海難救助のプロフェッショナルのアンコール番組で。

「気持ちだけでは、できない」

その気持ちがなければ前へ進めないんだけれど、
人を助けるのは気持ちだけではできない。
技術も経験も体力知力、人の命も自分の命もかかっている現場で
冷静に力を発揮するには、常に常に鍛えていることが必要。
そして極限の状態で、自分の限界を知っておくということ。

司会者の方の、
アマチュアからプロフェッショナルへの洗礼、という言葉や、
仕事を楽しめるのがプロフェッショナル、というのにもなるほどなあと思った。

私も20年以上好きな仕事をやってきているけど
常にまっすぐきているわけじゃない。

好きだから続けられる、
好きだけど続けられない、
好きだから続けられるわけじゃない、

と、びみょ〜な気持ちの間で
何度か路線変更も試みた。

でも結果、やっぱり好きなんだ、ってわかってから、
声をかけてくださる方、いただくお仕事に感謝して続けている。
でもこの仕事を続けたいから、
声をかけてくださるお気持ちはほんと嬉しいのだが、
お受けできないこともある。

以前はそれができなくて、「あ、やりたい!」って思えば引き受けてしまい、
時間的にも体力的にも経済的にも自分自身の首を締めるようなことになっていた。
やりがいを感じたくて受けたことなのに、
全然楽しくなくなって、モチベーションも下がる。
自分の受け入れられる量を知らないと、回りにも迷惑をかけ、信用もなくなる。

だから、「何かしたい!」という気持ちがあるだけでは、
飼い主さんに十分なサポートはできないとわかる。
お話を聞くことはできても、アドバイスができるようになるには、
増子先生のおっしゃる通りだわって。
そこから、自分の得意なことを強化して、
自分のサポートを見つけていきたいと思う。

そういえば、先日、犬の防災セミナーでも、そんなお話があった。
震災地での犬の保護活動で、一時預りさんを募る。
そうすると「かわいそう!助けてあげたい!」という気持ちで
名乗りをあげてくださる人が多いという。
中には犬を飼ったことがない、犬のことを知らない人も。
フィラリア予防や散歩、食事、マナーのこと。
双方が快適に一緒に暮らしていくには、
最低限のことは知っていて、それができる人でないと、
お互い不孝になるかもしれない。
ましてや被災して大きなトラウマを抱えた犬たちだもの。
それも「気持ちだけでは…」ということだなあ。

昨日のサポートのこと、ひとり反省会。
次回に生かさねばということはポロポロ。
忘れないようにメモ。
時間をおいてみると、また違うことに気づいたりするし、
ブログに書いた後も、あ〜これはこういうことだったのか、
なんて思ったりする。

訪問時には自然に落ち着いて手が動くようになっていきたいなあ。
気持ちと、実際に自分のできることを、少しでも近付けたい。
思っていても時間が経つだけだから、地道に経験を積む。
だから今できることが101匹わんちゃんマッサージ。
昨日、半年間勉強会をした「わんにゃんぴっ塾」の修了証が届いた。

最後の講座が終わっても、それではい終わり−ではなく、
2つのテーマでのレポート提出があって、
それで修了証をいただけるかどうかだったのでドキドキだった。
私なんかは最終日に出していたし!

熊本の増子先生(わんにゃんぴっ)、
東京の獣医師、栄養療法士、ホメオパスでもある
宮野のり子先生を交えての介護や栄養療法のスカイプ勉強会。
最後はターミナルケアまで考えられた、
動物と常に向かいあっての本当に生きた貴重な勉強会だった。
今回の講座中に身をもって受講生たちに教えてくれたわんちゃんがいたのだ。

修了証は受取ったけれど、これから、という状態。

ようやく介護や栄養療法のことを知って、入り口に立てたばかり。
こっちの方面へはどんなことをしていったらいいのだろう、
ということや、
まだまだ教えていただきたいことはたくさんある!
これで終わってほしくない!という思い。

ところで修了証を見て、
のり子先生のペットカウンセラー養成スカイプ講座というのが、
勉強会の正式名称なのだと初めて知りましたっ。
15歳の柴わんちゃん宅に訪問介護サポートに行き、
101匹わんちゃんマッサージもさせていただきました。

継続してサポートに入っているわんちゃんです。
先月依頼をいただいたときは、
「もしかして寝たきりになっちゃうかも?!」
と思ったこともあったのですが、
ここ数日でとても良くなってきたとのこと。

私が伺ったとき、しっかり立っていることができていました。
こちらの一方的なイメージで行くのは良くないな、
ニュートラルな気持ちでいよう、と反省!

よく動き回るし、食欲もある。
トイレも教えてくれるのだけど、夜鳴きが始まったそうです。
数年前から手作りごはんにされていたものの、
ハムやソーセージなど添加物の多いものをあげていたのですが、
前回お話させてもらってから、それはもうあげていないとのこと。


ともかく前回は体も硬く、下半身も冷たく、
動くのも辛そうだったのですが、
飼い主さんのケアのおかげで
二ヶ月経ってずいぶん変わったなと思うことがたくさんありました。

飼い主さんは「このコの状態が何かのお役に立つのなら」と、
公表することを了解してくださっているのでシェアしますね。。
昨日、楽しいことお知らせしたいことを長々書いていざ!
となった時にPCがフリーズし、書いたことが水の泡となって
ガックリきてしまいました。

ああ…。

101宣言ページも公開し、101匹わんちゃんマッサージは
また2わんちゃんさせてもらえそう〜っていう状態です。
ありがとうございます。
1週間に一度は宣言者の現状報告したいと思ってます。

が、リストは着々とできているのですが、
なんと言ってもクライアントさんとの時間が合わなければ
ご自宅にお伺いできないのでなかなか進まないんですよね〜。

『イヌコレ』の体験マッサージでは、
クライアントさんに来ていただきましたが、
今回はできるだけご自宅でお会いできたらな〜と思っています。

さてさて、一昨日は我が家でお友達と飲み会。
いや…飲み会というには飲む量が足りず。
ともかく夕方から夜が更けるまでわいわいおしゃべり。

私の一つ上、一つ下という2人の美女。
一番上が一番あぶなっかしく心配。
なんで帰りの電車でそこまで行っちゃうかな〜?!
一番下が一番しっかり頼りになって、
多分私は何も用意できてないだろうと
人のもダナのもいろいろ差し入れしていただき嬉し泣。

ダナぴい、お客様が来るというので午前中から大変張り切っており、
(そのわりにはなつかず愛想なし)
お土産の大好物焼きイモちゃんでピークに達し、
お昼ねせず「今日はいろんなものがもらえるかも!」踏ん張っていました。

頑張りすぎちゃうんだよね。

人がいてもリラックスできるようになるといいねえ。

みなさんお帰りになった後は電池切れてもう動けませんでした。


●お知らせ

【愛犬家族のヒーリング+ケア】メルマガを発行されているマリチさん。
メルマガ開始早々、まぐまぐのランキング/ベスト10に入られたそう〜!
すごーい!おめでとうございます!

マリチさんのメルマガ、心の息抜きというか、
魂のお茶の時間というか、読むとふっと安らいで喜びが沸き上がってきます♪
マリチさんのおっきな愛を感じます。
ここからここまで〜じゃなくて、どんどん拡大している感じ!

すごくありのままの自分自身を受け入れていて、
気負いなく自然に行動されているって気がします。
どんな時でも自分でいよう、とすっと立っている姿から、
すごーく心地いい気が流れているみたいで。
会っているとこちらもクリアになっていけちゃうんですよね。

『ドッグサンクチュアリー』http://dog-sanctuary.com/
101匹宣言ページ

101匹のセッションをスタートしています!!!
概要はこちらから >> 101匹宣言★

【101匹わんちゃんマッサージ】
そして私もスタートしました!
ありがたいことにだんだんリストが埋まっていっています!

できるだけ多くのいろいろなわんちゃん、飼い主さんにお会いしたい。
マッサージの体験を積みたい!(課題もこなしたい!)
それが今回自分にとって一番大事なことなんですが、

「うちの子に何かしてあげたいんだけど」
「犬にマッサージってどんなことするの?」
「マッサージに関心があるので、実際にやってみてもらいたい」

…などなど、マッサージだけではなく、この機会にわんちゃん飼い主さん双方のホリスティックケアのお話、情報交換ができたら嬉しい!!
教えていただくこともたくさんあると思います!
私も自分鍛えの真っ最中。お気軽にお問合せくださいね!
ご協力いただける方、よろしくお願いいたします。

そしてセッションして、飼い主様がどんなことに気づかれるのか。
それはおひとりおひとり違う玉手箱を開けるようなもの!
何が入っているのか?何が見つかるのか?
わんちゃんの気持ちよさそうな顔と、
飼い主様のキラキラ輝く瞬間を見せていただくことがとっても楽しみです!

現在23匹のわんちゃんの飼い主様とスケジュール調整中です。
下記をよくお読みいただいて、またご不明な点はメールでご確認の上
お申し込みください。
前回、経過報告〜〜!と書いたところで作業中断。

確定申告提出前に会計士さんにチェックしていただいていたのが、
確認事項があったり、書類不備だったり…。
嬉しい還付金の使い道は、
サリーさん(リンクをご覧ください)で
わんこ関連のチャームかピアスを購入しようと思いますっ!

そしてわんにゃんぴっ塾のレポートを提出。
〆切り日は今日!
ええええギリギリで出しましたとも。
M先生も心配してメールくださった・・・。
一番遅かったかもしれません!(汗)
これ出さないと半年間の勉強会が修了しないのです。
学んだこと、今後のことをしっかり考えるよい機会ともなりました!
こんな機会を作っていただけたことに感謝!

以上で今月気になっていた大きな課題は終わりました。

しばし脱力・・・。
これからもりもりやります!!

29日はトレーナーさんのセミナーにも参加するし。
先日打ち合わせをしてきたんですが、
これまでしつけ教室の体験がない私なので、とっても興味深い、
気持ちが駆け上がるような内容でした!(あら?どっかのコピー)

今のところまだお申し込みが始まったばかりなので、
できれば小人数のままいいくといいなあと思っています。
なぜなら、人数少ないと質問たっぷりできますから♪
私も受講の一人としてちゃっかり質問、相談するつもり!
この機会にいかがですか?!

ところで楽しみにしている『続ぼくチョビ』。
お探しの方もいらっしゃるのですが、
まだアマゾンにもデータが掲載されていないんですよね。
もうちょっとなのかなあ。
なんとか確定申告提出のメドもつき(涙)
移転も終わってほぼ仕事再開できるようになったので、
101匹ページを進めております〜。
合わせてイヌマドプロフィールも同時進行中。

サイトTOPにちゃれんじゃー写真を掲載。
ちゃれんじゃーのみなさん、使わせていただきました〜と事後報告。
「写真変えてっ」という方はご一報を。

あ〜今日は思いっきり青空ですねえ。
1時半から『ぱれっとのお茶会』が開催されます。
参加できないため気持ちを送るぞよ〜。
かえる3兄弟
なんとっ!
仕事場移転先のビルのエントランスにカエル3兄弟が住んでいました!

ぴったりくっついて仲良しみたいです〜。
一番端っこはちと口が開いているのが
外見を気にせずゆるくてなかなかよろしい!

このカエルたちを遊びに来た妹と私とbossで激写!

「アホきょうだい」

とカエル3兄弟から言われていそう。
101匹宣言のカテゴリ作りました。

本日もコマギレ時間にブログ上げてますが、
101匹宣言ページ公開前に、名乗りを挙げてくださった方がいらっしゃいます!

それは…

ブログ『ゆるゆるdog』のひよこ草さ〜ん
『101匹バッチフラワーレメディ』だそうですよ!

ぱふーぱふー★ようこそ〜!

ただいまバッチを勉強中のひよこ草さん。
今、どんなふうにしていったらいいのか思案中とのことですが、
「もう後に引けないよう載せちゃってください」

腹をくくっての宣言ですね!

嬉しかったのは

「私だったら何ができるかな」と考えてみてくださって、

「まだまだとかグズグズしていても何も進まない。
 一歩踏み出してみよう。」

と、やる気が出てきたとのこと!

嬉しいわあ〜。
そうなんです、そうなんです〜!

何かやってみようかな?と、ちょこっとでも思ったら、
あの人みたいに〜じゃなく、
自分の持っているいいところをたくさん考えてみて。
(はっ!ホリスティックマッサージの宿題やらなきゃ!)
もうできることはすでに自分自身の中にあります!
それを考えることから楽しいんです。

すでに宣言されているものであっても、
それぞれ違うものなんです。
だって同じ人はいないのだから。
みんなキラキラ個性がそれぞれにあるのよ=!ってことだから。

101匹という数を体験したら、
自分らしさがわかってくるんじゃないか。
自分のスタイルが見つけられるんじゃないか。
そんなふうにも思っています。

「101匹の犬と飼い主さんに声をかけてみよう」でもいいし、
「ありがとうを101回言ってみよう」でも、
本が好きなら「犬本を101册集めて犬の図書館はじめてみよう!」
手作り好きなら「カラーを101本作ってみるぞ!」とか!

★★★★★★★★★★★★★★★★

101宣言、全て無料とは限りません。
場合によっては実費のかかるものもあると思います。
それは各個人の方のルールにお任せしていますので、
十分ご確認くださいね。



今回の移転準備で、
深夜まで荷造りをしたり、
どんどん箱が増えて圧迫感も増していたし
私たちも慌ただしくしていたり…で、
ダナもストレスを感じていたかもしれません。

昨日の夜明けに3回ほどけぽってしまいました。
「うっくうっく」
というお決まりのしゃくりあげが聞こえた途端、
しゃきーん!と目覚める私。
ろろろろ〜と出たものを両手でキャッチ!
それを洗面所に持っていく間もなく、
2回目の「うっくうっく」はbossがキャッチ!(やや下手!)

大丈夫かしら?

しかし寝て起きて朝。

前日にアイシャママから、
アイシャのおいしいごはんのおすそわけをいただいていたので
(いつも写真で見ておいしそう〜と思っていたけど、
 これがまあほんっとにおいしかった!←私もいただきっ)
消化の良いごはんをあげることができました。
(このお話はまた『いっしょにおいしい』に書きます)

胃液が出たので、そんなわけで昨日のダナちは
ほんのり酸っぱい子になっていました。
ごめんねえ。
移転は無事終了しました。
でもまだ作業再開の環境ではなく…すみません。
101宣言、サイトトップバナーで、
イヌマド含む現在3名のちゃれんじゃーがわかります!

DogAmenityのアイシャママはアニマルコミュニケーション!
アイシャママのブログからお申し込みを!
こちらもイヌマド、申込み済み(^^)

サベラはクォンタムタッチ。遠隔含みます。
クォンタム?という方もいらっしゃいますよね。
エネルギーワークのひとつなんですが、今説明している時間がなくっ。
101ページ公開をお待ちください〜。

で、

自分のマッサージ参加の件や101宣言ページはどうした、うりゃ?!

というわけなんですが、すみません!
明日、本業である仕事場を移転するにあたり、
今現在、右も左も段ボールの壁!!
荷造り荷造りでページ作成もついに間に合わず!

でも3月29日に府中で開催されるセミナーバナ−は
サイトTOPでご紹できたので、よろしかったらご覧ください!

府中市の皆様には、本日付けの府中市報の「ひろば」というコラムで
紹介されているそうです。

私も当日ちょこっとゲスト参加させていただきます。
清國トレーナーとご一緒させていただくのは今回で2回目です。
お声をかけていただいて嬉しいかぎり。感謝です!
後日詳細を詰めるので、またご案内させていただきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。