上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院からの炎症止めの飲み薬で、ダナの外耳炎と外陰部の嚼みキズは、自分でもほとんど気にならないくらいになってます。
耳をカリカリすることも、外陰部を気にして嘗めることもなく。
薬はなるべく身体に入れたくないなあと、傷に関してはまめに洗い、レスキューをぬり、免疫力アップのハーブはずっとあげていたものの、クリームを塗るとなめてしまったり、身体が温まると痒くなったりと、良くなった?と思うとまたカミカミの繰り返しで、なかなか完治しなかったのです。
薬はあと2日分。このまま気にならないうちに傷が治ってしまうといいなあ。

さてブログも本日が年内最後。
今日から全くネット環境ではない実家に帰省するので、しばらく電磁波ともお別れ〜。

今年は後半いろいろやったなあと思うも、前半は何をしていたっけ?とすぐ思い出せませんでした。
あっ、今年は1月末から3ヶ月間はドッグマッサージセラピスト養成講座に通っていたんだった!
そうだよ、1年前は講座に通うってことでわくわくしてただけだった。
卒業して認定もらってすぐの5月に、トレーナーさんのしつけ教室で一緒にお仕事をさせていただいたのが、犬に関わる仕事のスタートでした。

来年のプランもいろいろ。
わんフレーズ仲間も個々の活動に精力的です。
私もほっこりプランを温めていきましょ。

今年一年、お世話になった皆様、出会った犬と飼い主さん全ての方に感謝いたします。
楽しい年末年始をお迎えください。

スポンサーサイト
年内最後のかかりつけの動物病院へ。
はふーたっぷり2時間待ちました。
でも診察となるととても丁寧なので一人20分くらいはザラなのです。
(だから待つんだけどねー。予約を取らないので)

昨日の気になることを含めていくつか診ていただきました。
その中のひとつが耳。

ダナは子どもの頃から片耳だけ汚れやすかったのですが、
最近かゆがり方と耳の匂いで「まずい」と思っていたら外耳炎になってました。

特筆すべきことは体重!!

5キロに近づいていたものの5.2〜5.4くらいの間で足踏み状態が続いて最近我が家でも測っていなかったのです。
どれどれ体重は〜〜?

3.6kg?!

んなばかな。

「先生、いくらなんでもこれはないと思います」
「そうですねー。もう一度測りましょう!」

ということで、よござんすか?よござんすね?ともう一回。

4.7kg!!

7月に5.4kgだったので、5ヶ月で-700g!
咄嗟に思ったのは「やせさせすぎた!」ということ。
嬉しい!という思いはなく、しまった!みたいな。
太ももの筋肉が落ちてきてるみたい…。と感じていたので〜〜(TT)

「でもあばらもそんなに浮き出ているほどではないし、
 これ以上落とさないようにしていればいいと思いますよ。
 もう年齢的にも増えないほうが。」

と、先生。

ダイエットはただ体重を落とせばいいものではなく、脂肪だけ落ちてくれればいいんだけど、筋肉も一緒に落ちてしまうので難しい。

筋肉はつけたいな。来年は…やっぱ水泳?

最高6.8kgまでさせてしまい、ダナはもうドタドタ歩いていました。
2年前の映像を見ると、ほんっとに重そうだし、犬じゃないみたい…。
しぶとく落ちてくれない時期もあったけど、手作りごはんで地道にここまでこられた〜〜。

あっ、やっぱり嬉しさがじわじわと。

でも目標5kgをクリアしたものの筋肉も落ちてるようなので★★☆くらいかな。

ダナえらかったね〜〜。今度はいい筋肉がつくごはんを考えるね!
でもとりあえず年が明けたら血液検査やって身体の状態をチェック。
落とすことを考えていたごはんの献立を見直そうと思います。
乳癌の自己検診法をTVで見ました。

指の腹を使ってしっかり意識して触診。
そうそう。
わんこの肌に何かできていないか〜とチェックする時もそんな感じ。
わんこしっかりチェックしましょう〜と言っているのに自分のことは棚に上げてるな。
自分の触診もしてみよう!っていうことを今度から付け加えようかしら(笑)。

そこで自分チェックとわんチェックをしっかりやってみました。

む…。

ダナの背骨近くにしこり。
ちょっと前にうっすらと盛り上がりを感じていたところです。
気のせい?でもちょっとひっかかかるなと思っていたところ。
今日ははっきりしてました。

病院の先生はいつも全身を触診しているわけではないので、
やっぱり毎日触ってあげられる飼い主が気づいてあげられるといいねー。
(毎日触っていても気づかないこともあると思うけど)
時々できるのです。病院で検査してもらうと心配ないものなんだけど。
明日は年内最後のかかりつけ病院へ。



イブは15歳の柴わんちゃんの介護サポートに行ってきました。
病気のわんちゃん宅へは介護訪問初仕事です。

ドッグマッサージセラピスト、介護セミナー、わんにゃんぴっ勉強会で学んできたこと、その他今までやってきたあれこれの何が飼い主さんに必要で提案できるか。
自分ができることはわんちゃんのケアというより、あくまで飼い主さんのサポート。
飼い主さん自身が選択できるよう情報を提供します。
どんな状態で飼い主さんは何が必要で何を望まれているのか。
しっかりカウンセリングすることが大切ということです。

伺ってみると…

とってもよくお世話をされている飼い主さんで、わんちゃんの毛づやもお耳も身体もキレイ!
15歳とは思えない毛並みです。

最初にわんちゃんの状態、飼い主さんの意向を伺って…
飼い主さんがすでにされていることに+アルファで提案していきました。
いくつか選択肢を提案すればその中から飼い主さんが自分のできることを選んでくれます。
できるだけ情報をあげること。もちろん何もしないのも飼い主さんの選択です。
今回の飼い主さんは、ご自身ではホリスティックをご存じでエネルギーワークのセッションも受けていたことがあるそうなんですが、犬へのホリスティクケアってどうすればいいんだろう?とわからなかったそうです。
なのでとても積極的に取り入れよう!とされていました。

お話してからわんちゃんの身体に触れて挨拶し、受け入れてもらってから全身チェック。
熱を計らせてもらったり。
触ってみてもほとんど歩けなくなってしまった下半身がひんやりと冷たいのです。
顔も左に傾いてしまっているし、寝る時も必ず左側を下にしないと落ち着かないのだそう。
(クライアントさんから情報公開の許可をいただいています。)

いろいろできることはあるなあと思ったけれど、
お伝えするポイントを2つに絞ってお話しました。

嬉しかったのは、身体に触っている間気持ちよさそうだったこと。
血液の循環が良くなったらしく、冷たかった身体が温かくなったこと。
その後立ち上がっておやつを食べたりしたのですが、
「足の踏ん張り具合が前と違う。しっかり"足がある"って思いだしてくれたみたいな立ち方だし、落ち着いてる」
と言ってくださったこと!涙。

カウンセリングも大事だけれど、実際触ってみると気づくことがまたいろいろ。
そして自分でも歩き出したわんちゃんのサポートをしてみると、
今わんちゃんに使っているサポートグッズは身体に合わないんじゃないかしら?と。
そうか、飼い主さんがされている普段のケアを、見るだけじゃなく、自分で体感してみることって大事なんだ!と気づいたり。

飼い主さん自身のケアも、気づいたことをお伝えして来ました。
何と言ってもおかあさんが元気でいることがイチバンです★
そして「寝たきりにはさせないぞって思う気持ちが大切ですよね!」と前向きなコトバを聞いて
「そーですよー!○○ちゃんが快適生活を送れるお手伝いしますから!」
と、エールを送って帰ってきました〜。

サベラのハンドケア、ぜひ覚えて飼い主さんにもしてあげたい!

ご自宅のわんちゃんに触る時も…

●冷たい手では触らないでね。
●爪は短くしておいたほうが良いのだけど、長い爪で触る時はわんこの皮膚を傷つけないように注意してくださいね。
人間より薄いですよー。
ようやくコンタクトが入荷したという連絡があり、
受取って装着してから横浜にGO!

よく見えるようになって嬉しい。
けど、お店で装着した途端、今まで見えていなかった肌やメイクのノリが…一目瞭然でとても怖かったです。
見えないシアワセ…。

さてさてドッグフェス。
一番の目的はタフィーの帝人ファイバーさんにご挨拶に伺うこと。
明日は15歳で病気にもなっている高齢わんちゃんの飼い主さんの介護サポートに行くのですが、その時我が家で購入し、ダナがまだ使わないSサイズのタフィーをお持ちしてみようと思ってます。
もし使っていただけるようであればそれもレンタルしてしまおうかと。
メールでやりとりさせていただいている御担当者の方にお会いでき、そんなお話をしつつ失礼してから会場めぐり。
でも個人的に期待していたような店舗さんがあまりなく、ささっと回って引き上げました。

サンプルは、『愛犬生活習慣Water』のプラセンタウォーターとスリムウォーターコタラというのをいただいてきました。
株式会社トレッカ
昨夜の話はちょっとアレです。

10時過ぎだったかなあ。
ソファの上のおふとんにすっぽりもぐっていたダナがはっとした感じで顔を出し、部屋の一点を見つめる…。
その目は微動だにしない。
私は隣に座っていたのだが、ダナの身体が小刻みに震え出すではないか。

あれどうしたのかな?

だっこしてみる。
震えはどんどん大きくなってきて、ブルブルどころではなくガタガタになった!
歯の根も合わなくてガチガチしている!
こんな状態は雷と同じくらいか雷以上だよ。
雷だったらわかるけど、こんなこと初めてだよ。
やだなあ、何か見えてるの?
いつだったか亡くなった父が来たらしき時はわんわん吠えたんだけど、今回は声も出ない。

bossと二人で大きく息を吐き、ダナをだっこしてもらう。
私はセージの束を炊き、煙をその場所にくゆらせる。
バラの花びらとラベンダーも燃やす。
うーん、これでいいのかどうかはわからないけど〜〜。
セージは浄化だもんね。

と、まもなくダナは震えも止まって大きなあくびをして落ち着いてくれた。

このセージ、クリスタル浄化のために持っていたんだけど、持っててヨカッタよ〜。
何か良からぬエネルギーを、ダナはきっと感じたのね〜。
私もしっかりグラウンディングをして、他の気を寄せつけない軸を持たないと。
ダナの身体も光で包んであげるからね。
手作りごはんのダナですが、もちろん!カリカリフードも食べられます。
ドライフードも手作りごはんも何でも食べられるようにしています。
入院したり、預けられたり、被災した場合を想定しても。

長時間のお出かけの場合、友達はフリーズドライを利用しているそうです。
それだとSAでお湯をもらえばOK! 温かいごはんを食べられるもんね。
なるほどねえ。非常袋にも入れておくといいね。うちもそうしようっ。

実家の母から「ダナのごはんは何を用意しておけばいいの?」とメールが来たので、今日は帰省中のごはんの手配をしました。
1泊くらいならスーパーでお肉を買って用意すればいいのですが、1週間近くになるので冷凍フードを実家に直送。
今回はいつも頼んでいる馬と内臓のお肉ではなく、市販のバーフダイエットカンガルーです。

バーフダイエット講座を受講していて、ダナのごはんはその考えを取り入れているのに、市販バーフはまだ一度も買ったことがなく(^^)。
12枚入りで結構大きいらしいんですよね。
うちの冷凍庫はすでに肉肉している上に友達に頼んで取り寄せてもらうのでもう入らない!
初回オーダー送料無料というshopがあって、そこで貯まっていたポイントも利用しました。
これで帰省中のごはんも大丈夫〜。
バーフ
ダナのごはん作り、切ったりお鍋を使ったりしている時は静かに伏せして待っているのですが、それをフードボウルに移すとなると、足元でぴょんぴょん飛び跳ねるのです。
ぴょんぴょんはさせたくない〜。

いつも「静かに〜」とかなんとか言っていたのだけど、言った時だけお座り。
とてもじっとしていられないくらい待っていてくれるのは嬉しいんだけど。

それがちょっと前、ふと「お部屋で待ってて」と言葉を変えた途端、
部屋にすっとんで行きました!!
それからまだ支度に時間がかかるとキッチンにのぞきに来るんだけど
「お部屋〜」と言うとまた走って行きます。

うわ〜〜。
ずっとこのぴょんぴょんをどうしたものかと思っていたのに、
キッチンのぴょんぴょんに関しては、これで解決しちゃった?んだわ〜。

newface

新顔の子が来ました。
ダナにとって今までは講座でお目にかかっていた子です。
講座ではこの子と遊ぶことはできませんでした。
でもウチに来たからには…と、さっそくガブリガブリと手荒い歓迎を。

手足が動くこのぬいぐるみ、イヌコレ体験マッサージの時にもお客様をお迎えしたり、飼い主さんに説明する時にお手伝いしてもらいました。
私はまだ持っていなくて他のメンバーが持って来てくれていたのですが、こんな時は必須アイテム〜★
以前無印で売っていたダックスのぬいぐるみも持っているのだけど、足が曲がらないんですよね。
しかも足短いし…。
日曜日。

家族(群)でお散歩。
午後も日が陰ってからになってしまったし、風が冷たい!!
手が紫色になってしまったけれど、ダナは張り切って小走り。
走っている姿、なんか?ちょっと?…後右足がなんだか気になる?
覚えておこう。

公園では門が閉まるのも間もなくというこの時間、たくさんのわんたちが来ていた。
みんなかわいいお洋服を着ている。
裸族はダナだけである。(笑)
「こんなに寒いんだから着せてあげればいいのに!」と思われるかもねえ。

この季節、室内との気温差が大きいからお散歩の時、特に小型犬は気をつけてあげてくださいねー。お洋服を着せるのもいいですよと、獣医さんからのアドバイスをみなさんに伝えたりしているものの、自分ちは洋服大嫌いときている。
関節が心配。
なので外出前は窓を開け、外の空気に慣らしたり、部屋で遊んで体を動かしてウォーミングアップをしてから外へ、という方法をとっています。
今年初めにハードコンタクトが入れにくくなり、仕事用メガネで過ごしているうちにすっかりコンタクトするのが面倒になっちゃいました。

コンタクトだと近くの物が見えにくい…

けどメガネだと遠くが見えないし、夜のお出かけが大変キケン。
待ち合わせの時も、私を見つけて〜って感じでいました。

これはアレよね。やっぱアレだよ。もうきてるよ、老眼★

それ用のを作らなくちゃいけないわね〜。
そんなジレンマを抱えつつほぼ1年(長っ)

先日行ってきましたよお。
遠くが見えると近くがね〜。
PC作業用のメガネは使っているので、やっぱコンタクトでは遠くがちゃんと見えたほうが安心。
てことで〜前と同じのにしちゃいました。

ハードコンタクトユーザーとしてもう四半世紀経ってるんですが、白目の部分がちょこっと黄色くなっているのが気になっていました。
ハードユーザーにはあることで、白目部分が肥厚(ひあつ、と言われた。この字で良いのか?)しているとのこと。
炎症でも病気でも何でもないそうです。ほっ。

わんの目の病気もいろいろありますが、やっぱり目を見ると輝きや表情で体調や気分を感じたりしますね。
先日スズメを保護している友達が、スズメを小鳥の病院へ連れて行ったところ、11才のスズメちゃんが来ていたそう。
スズメってそんなに長生き?!とびっくりしました。野生よりは長生きするそうです。そうだろうなあ。きっと飼い主さんのお世話も愛情もたっぷりなのでしょう。
そのスズメちゃん、白内障だったのだそうです。
スズメも白内障かあ…。と、またまたびっくりしたのでした。自然界でそうなったらもう生きていけない。
大事にされている飼い主さんのようだから、白内障になってもきっと快適な老後生活なんだろうなあ。チュンチュン!
イヌコレではチャクラカラーのセミナーを担当し、ヒトのボディバランスセラピストでもあるサベラのハンドマッサージのクラスの日程が決定したので、サベラのページで紹介しています!
自分ケアで循環をよくしたり、家族やお友達にもしてあげたい、爪を伸ばしてネイルファッションを楽しむ代わりに(マッサージするのに爪は短く)肌や手がきれいに見える動きも知りたい~、圧す、揉むことも確認したい〜!と、思っていた方には「こういうの待ってた!」クラスかもしれません!
私もその一人です。

ケアのみではなく、手と体のつながり、体を意識すること、も、様々なボディワークのキャリアを積んできているサベラならではのクラス内容。
先日のセラピスト向けの解剖学講座で、私が「ああ〜なるほろ〜!」と思うことが多かったのも、彼女から教えてもらっていたからだなあと感謝。
今回イヌマドは基礎、応用コースでアシスタントとして(何するだ〜)クラスをお手伝い。
場所はサベラのサロン『ティシャンティ』にて。
ケアすることを楽しんでいただければと思っていまーす。
その昔、インドの山奥で修行してきた(笑)お話も聞けるかも〜。
お申し込みお待ちしております!
MAX6.8までいっちまった我が家のダナ。
肥満は病気の元!ですが、もうこれは病気の一つ!と意識を改め、地道なダイエットによりついに5.2kgまで落ち、スリムなダックスらしい体型になって喜んでいたのですが、そうなるとまたついつい気が弛んでしまうのが世の常であります。

ごはんの内容ではもう悩まないものの、問題は量!
運動量に比べて多め多めにあげてしまう私の気の緩みなのです。
ウェストがくびれているからと言って油断しているのです(笑)

ちょっと…またもっちりしてきた?

と思っていたら先日アイシャママに会った時「ややもっちり?」と言っていただき
「そうか!そうよね!私の思い違いじゃないよね!」
と、また鬼母となる決意をしたのでしたが…。

う〜〜ん、どれくらい増えたんだろう。

やせている時はほいほい測るものの、太り気味〜?となると体重測るのが怖くなるんですよねー。
ヒトには測ることって大切!とお話しているのにね〜。
ダメだわ。まず現実を見つめなくては!
またガンバリマス★★★
朝から夕方まで介護セミナーを受講してきました。
夏の介護セミナーを一緒に受講した、懐かしいお顔も♪
せっかくだったのにゆっくりお話できなかったねー。

講師は若山正之先生。前回でも初日の講座をされてとても楽しかったのです★
『高齢犬のキモチがわかる本』の監修もされています。
本もふむふむなるほど〜なのですが、講座はそれ以上!!
家庭で使えるケア道具のことなど非常に実践的なことをたくさん教えていただきました。
ケアのことだけではなく、ほんとにいろんなことを。
試してみたいな…と思うアイテムもいくつか。

今日は15才+αというわんちゃんも一緒でしたが、事故で後ろ脚の片方が不自由なことを忘れてしまうくらい、元気で毛もふさふさで若々しくて、とってもいい老齢管理をされていることのお手本わんちゃんでした。

講座の中のお話でも「いつもと違う?」「何か違う?」と気づくことの大事さを話されていましたが、やっぱりそれには見て触って感じて…の日々があってこそなのです。
それに気づける飼い主にはなりたい、と思うのでありました〜。
レンタルタフィーその後、のご報告。

ダナはすぐ乗らなかったけれどどうだろう…大きさは…と心配だったのですが、お嬢様、大丈夫だったみたいです!
よかった

アイシャママ、ありがとう〜!
アイシャの腰の負担が軽減されると嬉しいワン♪

★こちらでほえほえごらんあれ〜。
アイシャマンマ
帝人ファイバーさんから提供いただいたタフィー(M)サイズ。
我が家はSサイズを購入しているので、Mサイズは未使用のまま、勉強会や先日のイヌコレセミナーで展示したり座ってもらったりしていました。
座ってみると体がほかほか包み込まれるよう!スタッフにも好評でしたん♪

しかしせっかくのタフィー、ぜひ使い心地を、必要とするわんちゃんにお試しいただきたいと思い、レンタルの許可をいただいています。

ネットで広くお声をかけようかと思ったのですが、レンタルに当たっていくつか守っていただきたいこともあり、お互い何かのつながりがあったほうが…と考えました。
まず、私やわんフレーズメンバーの直接の友人やそのお友達、そしてクライアントさんやセミナー、勉強会に参加してくださった方、などを対象にさせていただきたいと考えました。

 ★イヌマドからのレンタルは無料です。
 ★帝人ファイバーさんではレンタルは行なっておりません。


そしてその記念すべき第一号となっていただいたのは…
同じドッグマッサージセラピストの先輩、Iさん〜〜!
お家も電車二駅目という近さ(もしかすると一番ご近所さんセラピストかも?!)なので、ダナを連れて一走りお届けに。
股関節がゆるいというお嬢様、気に入ってくださると良いのですけど。
夏は涼しく、冬は暖かいタフィーであったまってねー。

それにしてもIさんと、おいちー物の話で盛り上がりました。
どこどこの何が…とか、あれはどうなのー?とか。
犬ごはんの話は尽きないのでした★あ〜たのし。
犬が寝起きにう〜〜んと身体を伸ばしたり、ひっくり返ってくねくねしたり、そのままシャドーボクシングのように鼻に手を交互にこすりつけたり。

毎朝の儀式のようなこの体操、我が家では「おはよう体操」と呼んでおり、私のテキトーな歌付きでダナがくねくねしています。

何でこんなことするんだろう?
はっきりわからないけれど、その日のダナの体調の感じのバロメーターみたいに思ってた。
やる時は「まだやるの?!」5分以上やってたりするもの。

この犬がするような猫がするような動きを自分でよつんばいになってやってみる。
週末の生理解剖学講座で教わったセルフケアのひとつだった。
背中、骨盤、肩甲骨、首、口を開けて顎…全体を頭でどうこう考えずに好きなように気持ちいいように自分でほぐしてゆるめる。

8月のわんフレーズセミナーでも、サベラがこれを立ったままする方法を教えてくれていた。
身体をゆるめるセルフケア。

少しするだけで私は汗が出るほどだったよ。

ボディセラピストの友達に教えてもらったこの講座。
〜をするためにこうしましょう〜というピンポイントで終わらずに、
なぜ?するとどこがどうなる?だからどこをどうする?
わからなくても、全体を見て、つながりに気づいて、ということや、自分の骨や筋肉は何がどこにあって、それはどんな動きをしているのかな、
ということを実際に触れて感じるもので、やさしいのだけど実はとっても深い…。
あれもあれもつながってーこれとこれもつながってーと、こんがらがってしまいそうなところも、上手に教えてくださるんだなー。

犬の筋肉と骨が見えるように--------

と、以前バランス〜の養成講座でも言われていたことが、自分の身体で感じることで腑に落ちてきましたよ。
ああ、こんなふうに見ればいいんだ、ということが。
特に初日は自律神経のお話もあったので、犬のストレスとリラッックスを考えてみると…
教わったことの理解が深まりましたよー!とっても勉強になること間違いなし〜!

話もどって…その体操を朝ではなく、夜、お風呂に入ったあとでやってみたわけ。

翌朝、つまり今朝ね。
お腹の調子がすっごいよかったー!
私はベンピさんではないので、困るほど良くなっちゃった(笑)
「こっ、これは何かの浄化?!」
って思って、何かあったっけなあと考えたら、あの体操をやったからだと。
慢性的に腰も痛くなってきそうだったので続けてみよう♪

ダナの体操をただおもしろがって見ていたんだけど実は実はそういうことだったのね。
「この動きは本人肩甲骨の懲りをほぐしているのかなー。
 やっぱくねくねは胴長だからよりていねいにほぐしているのかなー
 気持ちいいんだろうねえー」
逆に、こういうことができない子は…自分でほぐすことができないわけだよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。