上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飼い主がここ数ヶ月、気分が停滞気味だったり
こもって仕事をしていた結果は素晴らしいものでした!

ダナ、4.7kgだったのはいつのことだったかしらね?(TT)

そんな夢のような時は短く、
ジョジョにジョジョにダナの体重は増え、
今また5kgをかる~く超えています。
歩く姿も左右に振れ、走ってる姿は樽です。
(土の道で走ります)

ダイエットに成功した時は、
ごはんは糖質を控え(ダナの場合はね)
量も控え、
ちょこっと用事で外に出るときも同伴させ、
室内での遊びも体を動かさせ、
ほんとにコマメに体を動かすようにして
1年くらい時間をかけて落としました。
(6.8kg ⇒ 4.7kg)

忙しくなるとどうなるか?

 お散歩の回数が減り、コースが短くなる(笑)

 外出も「一人で行くほうが早いっ」となる。

 おやつボールにおやつを入れて、
 「ちょっとごめん!ひとりで遊んでてー!」

 でも何か喜ばせたくて
 「ちょっとごはんの量多い?ま、今日はいっか!」

そんな積み重ねが今の体重に。

体重が増えると足腰に負担がかかるだけでなく、
肩や首にも影響があるし、内臓にも。
体重増加は気をつけなくてはいけないことっていうのは
よくわかっているんですが、
飼い主の意志がヨワヨワだとこうなる!という見本です~。

体重管理は一生続けなくてはいけないんだなあ。

そういう私も+1kg。

今は1kgでも落とすのは難しいっていうのに!

でもでもやらねばー★
おいしく楽しいダイエット生活スタート♪

スポンサーサイト
昨日の犬のTV番組、ご覧になった方って多かったのでは〜?

普段あまりTVを見ないので、気づいた時には半分終わってましたが、
肥満犬ちわわんちゃんと、アメリカのセラピードッグ、フェイスはばっちり!
両方とも涙が出ちゃいました。

肥満に関しては、我が家もそうでしたから
「ああ〜〜がんばって〜〜」
と、当時を思いだしながら声援を。
それまでできなかったことができるようになっていく姿を見て涙。

犬の肥満・・・飼い主側の責任です・・・。
落とすのはもう諦めずやり続ける以外にないです〜。
うちも散歩はなるべく坂道を走って上がるコースを入れていました。
山のある公園もあって、枯葉坂道というのはやっていましたが、
水中ウォーキングのトレッドミルとか水泳もトライしてみたかった!
近くにあるといいんだけど。

飼い主さんもちわわちゃんも頑張って!
年内最後のかかりつけの動物病院へ。
はふーたっぷり2時間待ちました。
でも診察となるととても丁寧なので一人20分くらいはザラなのです。
(だから待つんだけどねー。予約を取らないので)

昨日の気になることを含めていくつか診ていただきました。
その中のひとつが耳。

ダナは子どもの頃から片耳だけ汚れやすかったのですが、
最近かゆがり方と耳の匂いで「まずい」と思っていたら外耳炎になってました。

特筆すべきことは体重!!

5キロに近づいていたものの5.2〜5.4くらいの間で足踏み状態が続いて最近我が家でも測っていなかったのです。
どれどれ体重は〜〜?

3.6kg?!

んなばかな。

「先生、いくらなんでもこれはないと思います」
「そうですねー。もう一度測りましょう!」

ということで、よござんすか?よござんすね?ともう一回。

4.7kg!!

7月に5.4kgだったので、5ヶ月で-700g!
咄嗟に思ったのは「やせさせすぎた!」ということ。
嬉しい!という思いはなく、しまった!みたいな。
太ももの筋肉が落ちてきてるみたい…。と感じていたので〜〜(TT)

「でもあばらもそんなに浮き出ているほどではないし、
 これ以上落とさないようにしていればいいと思いますよ。
 もう年齢的にも増えないほうが。」

と、先生。

ダイエットはただ体重を落とせばいいものではなく、脂肪だけ落ちてくれればいいんだけど、筋肉も一緒に落ちてしまうので難しい。

筋肉はつけたいな。来年は…やっぱ水泳?

最高6.8kgまでさせてしまい、ダナはもうドタドタ歩いていました。
2年前の映像を見ると、ほんっとに重そうだし、犬じゃないみたい…。
しぶとく落ちてくれない時期もあったけど、手作りごはんで地道にここまでこられた〜〜。

あっ、やっぱり嬉しさがじわじわと。

でも目標5kgをクリアしたものの筋肉も落ちてるようなので★★☆くらいかな。

ダナえらかったね〜〜。今度はいい筋肉がつくごはんを考えるね!
でもとりあえず年が明けたら血液検査やって身体の状態をチェック。
落とすことを考えていたごはんの献立を見直そうと思います。
MAX6.8までいっちまった我が家のダナ。
肥満は病気の元!ですが、もうこれは病気の一つ!と意識を改め、地道なダイエットによりついに5.2kgまで落ち、スリムなダックスらしい体型になって喜んでいたのですが、そうなるとまたついつい気が弛んでしまうのが世の常であります。

ごはんの内容ではもう悩まないものの、問題は量!
運動量に比べて多め多めにあげてしまう私の気の緩みなのです。
ウェストがくびれているからと言って油断しているのです(笑)

ちょっと…またもっちりしてきた?

と思っていたら先日アイシャママに会った時「ややもっちり?」と言っていただき
「そうか!そうよね!私の思い違いじゃないよね!」
と、また鬼母となる決意をしたのでしたが…。

う〜〜ん、どれくらい増えたんだろう。

やせている時はほいほい測るものの、太り気味〜?となると体重測るのが怖くなるんですよねー。
ヒトには測ることって大切!とお話しているのにね〜。
ダメだわ。まず現実を見つめなくては!
またガンバリマス★★★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。