上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鍼の病院での体重測定では、前回より-130g。

じりじり…ですな。

減ってくるとつい油断してあげてしまうので、
自分に厳重注意です★

昨日は歯医者や鍼通院で出たり入ったり。
今日はじっくりデスクワークの一日。

研修も終わって落ち着いたので、
跳ね気味の気をぐぐっとたぐりよせて自分に戻し、
お仕事の方に意識を向けないとです。

いくつか平行しているので、
時間を区切って頭の切り替えをしながら。

ポテンシャルレッスンは身体や心だけじゃなく、
内側に意識を向ける練習になるので、
集中モードへの切り替えがしやすくなる―

というのも嬉しい効果。

結果、その時間にやろう!と集中できると
余計なことを考えないので効率も上がる。
時間に余裕ができて追われないようになる。
とても役立っているのです。


急ぎの仕事が入り、今日は友達との予定を変更させてもらって、
(ゴメンネ
必ず仕上げるものが数件!!
がんばるぞっ。


▼母から送られてきた実家の庭のゆきやなぎ。毎年狂い咲き。
春だけど“スノークィーン”的な感じ~(赤毛のアン風)

ゆきやなぎ
スポンサーサイト
つい犬のことに考え及んでしまうので、
犬関連のボディポテンシャルの気づきをこちらに書いてしまうのですが、
「気づき」はポテンシャルブログでも書いています。

よろしかったらご覧ください。

>> 「つながるワーク ボディポテンシャル」
昨日、一昨日のことが、
すごーく前のことのように思えるのは、
昨日学んだことをもう今日には忘れている(汗)
なんてことだけでは断じてはない!…はず。

それだけ頭も感覚もフルに使おうとしていたのかなー。
(でも使えなくて空回りもしたりね)

研修の終了って、
ハンド・サポートの門をくぐったようなもの。
これからが始まり!

早速今日は、

ダナを洗ってドライヤーで乾かしていた時。
肢を持ち上げて乾かしながら、

「人だとこの骨の付き方は…
 犬の場合は…
 関節はこっちの方に動くから…
 ただ上に上げるんじゃなくて…
 上げる高さもここまでで…」

と、ポテンシャルチックに思いながら
肢を上げていることに気付いた。

日常生活に生かしてこそ、ということは、
何もドッグケアに限ったことではないんだ。

あえて「ケア」ということではなくても、
抱き上げたり、肢を持ちあげたり…
ふだんしていることでも、
身体のしくみや骨や関節の動きがわかっていれば、
スムーズに動かしてあげられるんじゃないだろうか?
ケガの予防にもなるんじゃないだろうか?

また、すでにケガをしていたり、寝たきりのコにも、
動きのサポートや介護が、お互い楽になったり。

たまたま先日、
「ワンポイント介護」を見たのだが(ヒトのです!)
椅子から立ち上がる時頭は大きく弧を描く。
生理的曲線というのだそうだ。

頭は上に上がるのではなく、
足を引き、前かがみになってお尻を上げて立ちあがるのだ。

ということは、
椅子から立ち上がるサポートは、
上に引き上げる方向ではないわけだ。

犬だったら…

伏せの状態から起きあがる時。
横になっている時から起こす時。
床ずれ防止に寝がえりをさせる時。。。。

もちろんヒトと犬の身体のしくみや動きは違うけれど、
どう動いているのか観察して、
動く方向を見つけてサポートしてあげることは、
同じだと思った。

もうひとつ気づいたことがあるのだが、
それはまた後ほど。

…な、ダナぽ。

まあbossがいるけどね。

帰宅するとぴとっ。

ちょっと一休みでソファに横になると、
のこのこやってきて、
腕枕してくれたらダナぽも寝ますよ~と、
いっしょに30分くらい寝ました。

今朝も早起きしたので、
ダナは午後1時過ぎまで寝ていて、
起きてからbossといっしょに公園へ行ったそう。
歩かず、ぼーっと通行人を見ていたそう。。。
そうしたい時もあるのだ。

毎日覚えてくることを、
ダナぽにもちょっぴりやってみていまする。

最近は、ちょいと後肢を触ると、
びろーんと伸ばしてくれるので、
いろいろやりやすい(^^)。

背中~腰~後肢をよくやっているのだが、
首、肩甲骨、肋骨、胸骨周りを弛めることも、
大切なんだよねえー。

今日はですねぇ

こっちにエネルギーを使い果たして、

いっしょにブログを書く余力がないんです。

3日間、頑張りますよ!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。