上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪の夢は――

覚えているだけで二回目だが、

前回もある同じ事柄が気になっている時に
見たことを思い出した。

今回は豪雪地帯の雪道を一人で歩いている。

歩いているのは私なのだが、
意識はそこにはなくて、
後からその姿を見ているのである。

左側がまっしろな畑。
右側が山の斜面という細い道。
なんとなく、おばあちゃんちの裏の畑のような
なつかしさがある。

雪はしっかり積もっていて、
前を歩いた人の形跡はなし。
歩くごとに「ギュ、ギュ」と、
踏みしめる音も感じていた。

雪というシンボル解釈は、
真実、清らかさ、リラックス。
バージンスノーは再出発。
自分の世界を新鮮な目で見ること――。

スポンサーサイト
今朝の夢の覚書。

夜空にUFOが飛来。まさしくUFO的な動きで、
遠方に去っていくかと思えば、
信じられない速さでもう近くに来ていたりで、
予測不可能な動き。
結婚することになりました。

夢の中ですけど。
そんでもって結婚相手は知らない女性。
お正月にも初夢らしきものを見たのですが――

忘れてしまいました…。

一昨日見て覚えているのは、
ヘリコプターに乗っている夢。

上昇したものの、鉛色の雲の中で視界が悪かったため、
雲から出て、かなり低空飛行で飛んでいる。
目の下の高速道路は渋滞。
車の上スレスレみたいな高さで、
こんなで大丈夫かっ?!な感じ。

目的地があって向かっているのだけど、
操縦しているのは自分ではなかった。

例によってドリーム・ブックを参考に、
いろいろ解釈。
わかったようなわからないような~(^^;)


あるお宅にダナを預けました。

そこは普通のご家庭で、
預かりわんちゃんたちは
リビングで自由にできる。
ご家族全員で、普通に生活しながら
犬たちを見てくれている、って感じです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。